top of page

3月26日(火)、東京 新宿にてトークセッション『Pholesobi(6652m)北壁への挑戦』を開催


手前の双耳峰がPholesobi。左奥にジャヌー北壁がそびえる。(写真=萩原浩司)


ネパールヒマラヤ・ジャヌーのそばにある双耳峰Pholesobi (ホレソビ/6652m) 北壁。


昨年11月、この北壁にアルパインスタイルで挑んだ種石英典氏、山本大貴氏によるトークセッション『Pholesobi(6652m)北壁への挑戦』を東京 新宿にて開催します。


両氏とも世界各地での様々な登攀を非常に高いレベルで実践されており、今回のトークセッションではPholesobi北壁登攀の様子だけでなく、両氏の今までのクライミング、そしてこれからの目標などについても聞いていきます。



また当日は両氏に対する質疑応答の時間も設ける予定です。ぜひお二人に聞いてみたい質問などあれば、参加申込の際に質問内容をご記入ください。


イベント概要


日時:2024年3月26日(火) 19:00~21:00 (18:45受付開始)

パネラー:種石英典、山本大貴

聞き手:菊地敏之

会場:東京都新宿区新宿4-2-21 相模ビル5階

ふれあい貸会議室No.63

参加費:無料

申込方法:以下の参加申込からお申し込みください



定員:先着80名

主催:一般社団法人アルパインクライミング推進協議会

問い合わせ先:

一般社団法人アルパインクライミング推進協議会 事務局


登壇者プロフィール

種石英典(たねいし ひですけ)

グランドジョラス、アイガー、マッターホルン、ドリュ、トレチメ各北壁登攀

アラスカ・ハンター北壁、ムースズトゥース北壁、エルキャピタン

カラコルム・ガッシャ―ブルムⅥ峰南西壁登攀

南米アコンカグア、サハマ、チンボラソ等登攀

国内でも谷川、鹿島槍、穂高、米子不動、錫杖、黒部などで多くの冬季登攀をこなす


山本大貴(やまもと ひろき)

1986年、兵庫県生まれ

関西学院大学山岳会所属、国立登山研修所講師


2008 ネパール/Dingjung Ri South 6196m 初登攀

2009 ネパール/Samdo 6335m 初登攀

2016 ネパール/KanNachugo 6735m 南壁新ルート初登攀

2017 ヨセミテ/Free Rider チームフリー

2018 インド/Cerro Kishtwar 6200m 北東壁初登攀

2019 ヨセミテ/Golden Gate チームフリー

2022 黒部横断 トサカ尾根


最高RP 5.14a ニンジャ/小川山

最高OS 5.12c The Greenleaf p.2/Yosemite

bottom of page